製品情報

トップページ 製品情報 IDS-CLAS 3600

フロントエンド分注装置 IDS-CLAS 3600

アイディエスの高い技術力をコンパクトなボディに凝縮した、検体前処理分注装置の基本モデルです。あなたのラボに合わせた検体検査フローをご提供いたします。

製品概要処理フロー

IDS-CLAS 3600

主な特徴

  • 多くの機能を搭載した省スペースシステム
  • 設置場所を選ばず作業動線を確保
  • 550検体/時の検体処理能力で効率的な検体前処理を行ないます
  • 消耗品は自動供給
  • 1本搬送を採用し、外部搬送接続が可能
  • 市場のほぼあらゆる分析装置との接続が可能

基本仕様

使用採血管 φ16×100mm、φ16×75mm、φ13×100mm、φ13×75mm、4種類混在可能
検体搭載数 親検体投入: 100検体 + 5検体(至急)
親検体搬出: 200検体 +10検体(エラー)
子検体搬出: 200検体 +10検体(エラー)
至急検体割り込み 有り:5検体
仕分け搬出機能 親検体:有り、子検体:有り
バーコード種類 NW-7、ITF、CODE39、CODE128より1種類を選択。
子管 IDS純正管
分注チップ 2,000μLチップ(IDS純正チップ)
分注精度 分注依頼量の3%以内、CV3%以内(300μL分注時)
分注処理能力 最大550検体/時(300μL)
外形寸法 2,010mm(W)×915mm(D)×1,350mm(H)
重量 485kg
電源 単相 200V AC 15A(本体) 三相 200V AC 20A(コンプレッサー) 単相 100V AC 5A(制御CPU)
このページの先頭へ